【あれっ辛さは!?】蒙古タンメン中本 辛旨焼そばレビュー

こんにちは、やぁしえです。

セブンイレブン限定の蒙古タンメン中本シリーズはラーメン版、豆腐スープ版、冷凍版と食べて来ましたが今回新しく「焼そば」が発売されました。

過去のシリーズ全て食べて来て思うのは今回の辛さはどれぐらいなのかなと。

個人的に過去1番辛かったのはやっぱりラーメン版なんですが、それより辛いのか果たして辛く無いのかそれでは開封していきましょう。

まずは開封

パッケージは相変わらず辛さを前面に押し出したパッケージとなってます。

お湯の量は700ml。

お湯を入れて5分待ちます。(3分じゃ無いから気をつけて!)

付属のソースは2種類、辛味噌マヨネーズも付いています。

全てお湯を捨ててから入れます。

麺はかなり太め。

焼きそばというよりは焼うどん。

ソース2種類と辛味噌マヨネーズを入れるとこうなります。

辛味噌マヨネーズの色がエグい。

こんな赤いマヨネーズ見たことあります?

まぜまぜして完成です!

実食!

まず麺が太いからなのか麺がかなり水分を吸っていて調味料全部入れてまぜまぜすると麺に含まれていた水分が外に出て来て水分多めの焼きそばって感じになってます。

一口食べてみると...

味はにんにく風味の辛味のある食欲をそそる味でかなり美味しい。

けど、全然辛く無い。

もう一回言います。

全然辛く無い!

正直辛さ欲しくて買ってるのにこれだと蒙古タンメン中本ファンは落胆するんでは無いでしょうか。

ただ、辛く無いとは言っても辛いもの好きが言う辛く無いですから辛さに弱い方が食べれば十分辛さは感じられるかと思います。

あくまで辛いもの好きの僕が「辛く無い!」と思っただけなのでそこはご注意ください。

 

最後に一つ。

蒙古タンメン中本のシリーズは全部食べて来ましたが未だに店舗には行ったことが無いので正直中本感があるのか無いのか全然分かりません。スミマセン!

奈良にも店舗作ってくれぇー。