シカシカイナイナラ

鹿しかいない奈良のコトを中心にイロイロ書いてます。

撮影好きだけど撮影してるところを見られるのが恥ずかしい人が心がけるべきこと

はじめに

私も皆様と同じで街中で撮影するのが好きな1人です。街中の何気ない風景、何気ない光景を撮ることが好きなのですが有名な観光名所なら全然大丈夫です。それは皆様も同じかと思います。しかし、私が好きな何気ない光景というのは有名な観光名所ではなかなか理想的なものが撮れません。なので、なるべく名所も面白い所もない所に行って撮影をするのが好きなのです。何もない街で良い写真が取れると「この街にもこんな風景があるんだよ!」って周りに自慢したくなります。その気持ちは良いのですが、いつも撮影してる時別に観光名所でも何でも無いところで撮っている為に正直、大分目立っていると思います。なぜなら、カメラ好き以外の人が周りを見ても撮りたいと思えるものが無いのです。まぁその光景を見た普通の人であれば「何を撮っているのかな?」って思っているだろうな...とか深く考えてしまい撮りたいところでシャッターを切れないことも多いです。そんな細かいことが気になってしまう自分の為にも皆様の為にも撮影時に心かけるべきことを自分自身で考え勝手に書いて行きます。参考になれば幸いです。

誰もアナタを見てません

考えすぎです。アナタが街中で何か撮影してる人を見たら「何を撮っているのかな?」って気になりますか?別にそんな人を見ても何も気にならないですよね。アナタも同じなのです。アナタが街中でカメラを構えていても他の人は気になりません。心配しないでください。例えば極端に太っている人が一眼レフに長いデカイレンズつけて撮っていたとしても気になりません。別に一眼レフだろうがコンデジだろうがスマホだろうが大丈夫です。誰もアナタを見ていません。

堂々と撮影しよう

周りに誰がいようと撮りたいものを撮ってください。例え周りに何か言われようとも撮りたいものを撮ってください。アナタは悪いことをしている訳では無いのです。堂々と撮りましょう。周りの目線や変に細かいことを気にしていると自分の本来のパフォーマンスを発揮できずに写真も平凡的なものしか撮れません。やっぱり、何か人に「おおっ!」と思わせる写真を撮るには平凡な撮る姿勢、平凡な対象物ではいけません。大事なのは堂々と撮影する事です。自信を持って撮影すれば良い写真に仕上がります。

撮る場所は考えよう

どんなに撮影に夢中になってても、人の目線等他の事が気になってて他の事を考えられない状況に至っていたとしても世の中には撮影してはいけないものもあります。許可取るべきものはちゃんと許可を取り、許可とか関係なく撮ってはいけないものは撮ってはいけません。著作権があるものや肖像権があるものも多くあります。ちゃんと対象物が撮影しても大丈夫なものなのか?しっかり考え撮影に挑んでください。