シカシカイナイナラ

鹿しかいない奈良のコトを中心にイロイロ書いてます。

【言葉の意味も変わる】「落ち着いた年代」といえば何歳ぐらいの人を想像しますか?

本日は時代の変化と共に言葉の意味も変わるよーって話をしたいと思います。

もちろん言葉の意味の捉え方は人それぞれ違うので私の捉え方が正しいとは限りません。

先ほどテレビでニュースを見てた時の話...

居酒屋で飲んでる定年間近のおっさんの映像と共に

「落ち着いた年代の...」

とナレーションがありまして、その時ふと思ったのです。

昔は定年間近かまたはそれ以上の年齢の人を「落ち着いた年頃」と表現していたかも知れないが今の時代はどうなのか?

近年、超高齢者社会になり景気も悪くなかなか厳しい時代が続いています。

ニュースを見れば、

お酒を飲んで暴れるお年寄り、いきなり暴言を吐くお年寄り、人を殺すお年寄り、

未だ年功序列時代だと思ってるのか年上だからと何でもかんでも勝手に決めつけ若い人の意見を全く聞かない。

それを否定すれば怒り出す。

どこが落ち着いている年代なのか??

皆様もそう思いません?

どこが落ち着いているんでしょうね........

 

一方若者はというと、

税金だ税金だと、ただでさえ金が無いのに国に金をむしり取られ、

高齢者社会の中なるべく問題を起こさない様にと謙虚な性格になり、

お酒を飲む人も減りタバコを吸う人もあまりいません。

プライベートでもお金が無いからと家で過ごし外で人に迷惑をかける様な事はほぼしません。

本当に落ち着いていると思います。

 

以上の事を考慮して皆様にもう一度質問します。

「落ち着いている年代」とは何歳ぐらいの人を指していると思いますか?

 

私は最近の若者を指す言葉だと思います。

最近のお年寄りを「落ち着いている年代」と呼ぶなんてそんなふざけた話はありません。

若い人のほうがしっかりしています。

間違いなく若い人の方がしっかりしています。

 

と、いうことで、

結論!

「落ち着いた年代」=若者

以上です裁判長。