シカシカイナイナラ

鹿しかいない奈良のコトを中心にイロイロ書いてます。

【台湾語勉強したい方必見】日本で台湾語の本が欲しい時は注意せよ!

こんにちは。

中国語はもちろん、台湾語も少しできる筆者です。

皆様まず「台湾語」って何かご存知ですか?

台湾に行った事無い人、台湾に旅行で行くぐらいの人だと台湾の公用語は台湾語だと思っている日本人も多いかと思いますがそれは間違いです。

台湾の公用語は「中国語(北京語)」であり、中国語と台湾語というのは全くもって別の言語です。

日本語と英語ぐらい違います。

それに台湾語には文字も存在しません。中国語で当て字で書く時はあります。

では、台湾語はいつ使うのか?

台湾語は基本話し言葉で話す時によく使います。

とはいえ、台湾人でも台湾語が全員話せる訳ではありません

お年寄りの方やおばさん、おじさんぐらいの年齢の方が一番よく話され、

最近の若い子だと聞き取りは出来ても話せない人もいっぱいいます。

なぜかというと、メインは中国語であるため、

台湾のテレビも基本中国語の番組を放送します。

台湾語のニュースや台湾語のドラマもあるとはいえ、メインは中国語のために、

年々台湾語が話せる方が減ってきています。

そこまで読んだ大体の日本人は「じゃあ台湾語の勉強する必要ないじゃん!」と中国語の勉強に切り替えられますが、

それでも台湾語を勉強したい!とお思いの方は続けて読んでください。

以上の事を頭に入れていただいた上でいよいよ本題です!!

日本の書店で台湾語の本を買おうとすると、

「台湾語」って書いてあるのに本を開いてみたら「你好」なんて書いてあったりする事が多いです。

すごく多いです。

你好なんてただの中国語ですから台湾語ではありません。

ただの中国語を台湾で一般的に使われる繁体字で書いただけの本を「台湾語」なんて売ってたりするので注意が必要です。

特に中身が見れないネットで買うのはやめた方が良いです。

ちゃんと書店で中身を確認してから買いましょう。

では、どうやって台湾語か見分けるのかというと、

台湾語の「こんにちは」は「りーほー!」なのでローマ字でもカタカナででも「りーほー!」って書いてあればそれは間違いなく台湾語の本であります。

それだけ注意して買いましょう!

以上、私からの注意喚起でした。