シカシカイナイナラ

鹿しかいない奈良のコトを中心にイロイロ書いてます。

今年も平城宮跡で大立山まつりが開催されますよー

本日ご紹介するのは昨年から平城宮跡で始まったイベント

「奈良 大立山まつり」の紹介です。

そのイベントが今年ももう少ししたら始まりますので、

まずは今年の日程のご紹介を。

今年2017年は1月25日(水)〜29日(の計5日間行なわれます。

 皆様に注意していただきたいのが日によって開催してる時間が違うということ。

今年で言いますと、

1月25日・26日は18:00〜20:00
1月27日・28日・29日は13:00〜20:00

と、なってますのでお時間をよく確認してから行ってくださいね。

まだ昨年から始まったばかりのイベントなのでどんなイベントか説明いたしますと、

メインとなるのが写真をご覧いただいても分かる通り大きさが10メートル程ある大立山と呼ばれる言わばねぶたみたいなもの、その名は四天王、それが四天王なので4基あります。

それを平城宮跡の大極殿の前の広場をねぶた祭りみたいに引っ張って何周かするまつりです。

誰もねぶたとは呼ばないですがもうてっきり偽ねぶた祭りというレッテルも貼られてます。

そのまつりの開催に合わせて大極殿前のステージでは昨年で言えば太鼓が叩かれてたりと、様々なイベントが行なわれます。

また大極殿から少し離れた朱雀門近くの広場でも奈良県内各地の美味しい物が召し上がれたりといろいろやっているわけでございます。

ちなみにこのページに載ってる写真はすべて私が昨年撮ったものになります。

ここからは私が昨年行った時の正直な感想を。

これから毎年1月の終わり頃に開催される祭りとして定番化していくかと思いますが、

はっきり言って、

超つまらないです。

写真を見ていただければ分かる通り、ねぶたみたいなやつがドン!っと置いてあってそれをただ動かすだけという...うん、本当それ以上もそれ以下も無いです。

そんなつまらない祭りをなぜ私がこれから定番化していくなんて書いたかというと、

実はそのイベント奈良県が寒いこの時期何も大きなイベントが無かったので、

「何か大きなイベント作ってしまおう!」

という学年祭みたいなノリで作られたイベントで、

あの大きいねぶたみたいなもの4基作ったりとこのイベント開催に投入された税金は、なんと計2億円超

そこまで大きい金額をかけて作ってしまったからには人が来なくてもやり続けるしか無いですよね。

だから、今後も毎年開催されて定番化していくのは間違い無いでしょうが、

まぁつまらないイベントなんです。めっちゃ寒いしね。

奈良県民としてとてもじゃないけど他県の方にオススメできるイベントでは無いんです。

そこまで読んでも行ってみたい方は行ってみてください。

私は今年は行きません。

一応、公式ホームページも載せておきますね。

ootateyama.jp

今回は以上です。