シカシカイナイナラ

鹿しかいない奈良のコトを中心にイロイロ書いてます。

【奈良県民は思う】修学旅行で奈良に来る学生はつまらないだろう

こんばんにちは、やぁしえです。

生まれも奈良、育ちも奈良、奈良を愛する僕ですが、

奈良公園、東大寺、唐招提寺、薬師寺、法隆寺に行くといつも修学旅行生でいっぱいです。

なにせ全国各地から小中高生が来るので年がら年中修学旅行生がいます。

朝昼夕方関わらずいます。

f:id:narana:20180117175207p:plain

そんな修学旅行生に対して奈良県民として思うのは、

絶対楽しく無いだろうな」と。

奈良に来る修学旅行生は基本的に京都、奈良がセットになっていて見るのはもちろん神社仏閣。

学校側は歴史の勉強だと考えているのでしょうがいくらなんでも小中高生で神社仏閣の歴史に興味があって、ましてや楽しめる人なんでほんの一握りでしょう。

同行する教員の方は神社仏閣を楽しめる人も多いかと思いますが小中高生が神社仏閣なんか行っても楽しい訳無いでしょう。

なぜなら僕が学生の頃そう思ってたから。

 

僕は奈良県民ですが奈良県民とは言えども、

修学旅行は当然県外ですが学校の校外学習だったり遠足では奈良公園に行きます。

幼稚園、小中高と毎年1回は学校の活動の一環で奈良公園や東大寺、春日大社等に行っていた記憶があります。

そもそも奈良県民は普段も奈良公園に行く機会が多いのでなんのワクワクも楽しみもありません。

例えば奈良県民であれば、

修学旅行は小学校が広島と山口。中学が沖縄。高校は公立か私学かにもよりますが公立だったら北海道だったり私学だと海外が主流です。

どこに行くにせよ神社仏閣なんて行きません。

小中高の一大イベントが奈良なんて可哀想だと僕は思ってます。
周りの友達もいつも修学旅行生見て、

何が楽しいんやろ...もっとええとこ行ったらええのに

と修学旅行生を見るたびに呟いてます。

神社仏閣を除いても奈良らしい食べ物で限定して言えば、美味しいものなんて何も無いですし奈良公園で鹿と触れ合えるにしても獣臭いしフンだらけだし実際奈良に来てみれば鹿のイメージが変わって嫌いになる方も多いんじゃ無いかと。

鹿なんて正直可愛いとは言えないですからね。

本当に可愛い鹿なんてほんの何頭かだけで人間と同じ様にブサイクな鹿もかなり多いのが現状です。

 

それに、

ほとんどの修学旅行生が奈良には宿泊しません。

夜奈良に宿泊すれば下の画像の様な若草山からの素晴らしい夜景が見れるのに、

それすらも見ずに京都とか大阪のホテルに戻られるのが残念です。

また、

「昔、修学旅行で来た時は全然楽しめなかったけど今なら楽しめる」と来られる観光客の方が多いのも学生の頃奈良に来るのがつまらなかった事を表してるように思います。

 

でも、

大人になって歴史に興味が出てくる年齢になってくると奈良は楽しめるところなので良いところだと思っていただけるんじゃ無いかと。

 

読者の皆様も修学旅行で奈良に来られたことある方も多いのでは無いのでしょうか?

あの時、楽しいと思えなくとも今奈良に来てくだされば楽しめると思うのでいつでも来てくださいね!

 

今回は以上です。