シカシカイナイナラ

鹿しかいない奈良のコトを中心にイロイロ書いてます。

【アホ親に告ぐ】崖から身を乗り出す捨身行を無理やり子供にやらせてはいけない

こんばんにちは。やぁしえです。

突然ですが皆様テレビ等で下の画像のような修行を見たことありますでしょうか?

f:id:narana:20180114190852j:plain

出典:(祭り関係)大峰山修行② 表業編|The blue soul

「捨身行」と言いロープをつけ崖から身を乗り出しロープを持っている人が修行者に対し「親の言うことを聞くかー?」「親孝行ちゃんとするかー?」「仕事ちゃんとするかー?」と問い修行者はその問いに対し「はい!!!」と大きな声で返事をして精神を鍛える。そんな修行です。

 

尚、ロープを持っている人からの問いかけの内容は修行者によって変わります。

 

この捨身行何が怖いかというと、あの命綱とも呼べるロープが実は人が持ってるだけなんです。特に岩肌に釘で打たれて固定されてる訳でもなく人間が持ってるだけです。

その上で崖から落ちそうな極限の恐怖感を感じながらロープを持っている人からの問いかけに大きな声で返事をする。

(以下、全て僕個人の考え方です。)

まぁ言わば刃物で脅して命の危機を感じさせ無理やり「はい!」と言わせてるようなもんですよね。

言い方悪いですが、ただの脅迫です。

子供の頃、何も言われず連れて行かれた僕

前日、

親から「(いとこの)〇〇君と明日山に行くぞ」とだけ聞かされ、当日早起きした僕は「山に行けるんだー」という軽い気持ちで出発しました。

なぜなら、そんな修行をするとは思ってもいないし聞いてもいないから。

当時10歳ぐらいでしたかね。

山でそんな修行が行われてることも知らないような年です。

車で3時間ぐらい走って到着したのは奈良県南部にある山「大峯山」。

女人禁制の山で男しか立ち入ることしかできません。

入山口から2時間ぐらい登ってたどり着いたのがあの崖ですよ。

崖で捨身行してる人を見て初めて「うわっ、まさか...」と思いました。

そしたら案の定ですよ。

「お前もやるんやでー」との悪魔の一声。

もちろん、そんな捨身行なる意味不明な訳の分からない恐怖感を与えるだけの修行を受けるとは思っていなかった僕は「騙された...あの野郎!!!」と思ってましたね。

が、

10歳という微妙な年です。

「親に逆らって泣き喚いて逃げてもダサい奴だな」とか考え、死んだような顔して捨身行を受けることに。

僕は当時子供ですし体重も軽かったのでロープを持ってる人は1人だけ。

しかも、

体重が軽い分周りの大人より大きく崖から身を乗り出さされました。

で、

ロープ持ってる人から

親の言うことちゃんと聞くかーーー?」と問われ、

死んだような顔で「はい...」と返事。

そしたら、

聞こえないぞー!親の言うことちゃんと聞くかー?」と再度問われたので、

先ほどより大きな声で「はい!!!(ちゃんと聞けやボケ(怒))」と返事。

その後、

「勉強するかー?」とも聞かれ大きな声で返事をしたら捨身行終わりました。

2分ぐらいでした。

大人になった今、当時の事を思い出して思うこと

騙されて連れて行かれたことに対する怒りはもちろん、根拠の無い意味の分からない何の意味も無い捨身行をやらされ大きな恐怖を感じたことに対する怒りは未だに消えません。

僕はもともと子供の頃からサンタクロースから始まり、神や仏、霊的な現象、占い、パワースポット、UFO、天国、地獄等の目に見えない事を全て信じない人間でした。

それは今でも変わりません。

変わり者だと言われますがお墓に対して手を合わせる行為にですら「石に手を合わせて何の意味があるんだ?気持ち悪い。」と思い、何かお供えする行為にも「食べ物を野ざらしにしてもったいない。貴重な食べ物そんなところに置かずに自分で食えや。」と思います。

きっかけは分かりませんが昔から根拠の無い意味のない行為は大嫌いでした。

世間一般には文化を一文化とも受け入れることも出来ない僕のような人間は「頭おかしい奴」なんでしょうが別にそんな考え方で生活していても幸せですし自分で言うのもなんですがお金にも困らずやりたい仕事をやり誰よりも幸せな人生を過ごせている自信はあります。

 

少し話が脱線しましたね。話を戻します。

 

子供に捨身行を受けさせたい親の心情を大人になった今紐解いてみると、とりあえず自分の言うことを聞いてくれる自分にとって都合の良い子供になって欲しいのじゃ無いかと。

また昨今 最近の若者は「我慢ができない」とよく言われているのもあり自分の子供には我慢強い子供になって欲しいと願う親もいることでしょう。

まぁ、いろいろあるのでしょうが...

言う事を聞いてくれない子供を騙してまで山に連れ出し捨身行を受けさせることはナイフを突きつけて「死にたくなければ言う事を聞け!」という行為と同じ意味を持っていると思います。

そんな事をされた子供が親の言う事を聞くようになるでしょうか?

なる訳ないですよね?むしろ、もっと言う事を聞いてもらえなくなるでしょう。

騙して連れて行く訳では無くとも行きたくない子供を無理やり連れて行くのも同じだと思います。

 

Yahoo!知恵袋を見てても、↓こんな↓質問してる親もいますしね。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

↓こんな↓感じの自分の意志で行くには別に誰にも迷惑かけてないので良いんじゃないでしょうか?

www.sankei.com

最後に...

子供に嘘付いて捨身行させる親なんて親失格ですし、子供が自分の言う事を聞いてくれないのを子供のせいにするのもダメです。

まずは親自身が子供が言う事を聞いてくれるような行動をとる。

そうすることによって子供も親に付いてきてくれます。

うーん...

とにかくそんな僕の親みたいな考え方の親がいるとすれば、

子供より親の教育が必要なように感じます。

 

今回は以上です。