シカシカイナイナラ

鹿しかいない奈良のコトを中心にイロイロ書いてます。

【命の危機!】台湾で台湾人のメンヘラ女の子と付き合ってた時の話

f:id:yu-maro:20170129133819j:plain

台湾では「公主病(お嬢様病)」「女王病(女王様病)」という言葉があり日頃から頻繁によく使われるぐらいお嬢様病の女の子が多いことで有名です。別に可愛い可愛く無いに関わらず、掃除も料理も何も出来ない上にビックリするぐらいワガママというのが普通の台湾の女の子です。まぁ台湾の男が女性に対して甘すぎるというのが原因だと思います。台湾の街中ちょっと歩けばよく分かりますよ。女の人めっちゃワガママですから。よく言えば強いって事でしょうか。

とは、言ってももちろん台湾人も普通の人間です。日本人と同じで人それぞれ性格が違うので家事ができる女の子もいれば家事が全く出来ない人もいますし、ワガママじゃ無い女の子ももちろんいます。メンヘラもメンヘラじゃ無い人も一定数います。ただ、ワガママなお嬢様病の人の割合が明らかに日本より多いという事だけは間違いないです。

本日は私が2-3年前に台湾に住んでいた頃にお付き合いしていた台湾人の話を。

彼女は私の親友の友達の部下で、なぜか私と私の親友と親友の友達と親友の友達の部下の4人でご飯に行こう!という事になり、4人でちゃんこ鍋屋さんに行きました。ちゃんこ鍋と言っても台湾での話ですからね。そのちゃんこ鍋屋さんで意気投合したというか、私の親友がその友達とずっと喋ってるので私は彼女と喋るしかなかったのです。そのお店で彼女とLINEを交換してその日はお別れしました。

彼女の第一印象は真面目でおっとりしてて食事作法も普通の台湾人と違って日本人みたいな綺麗な食べ方でしたので今でもよく覚えています。よくよく考えれば彼女が日系企業で働いていてよく社長とご飯に行っていたそうなので日本人みたいに食べるのは当たり前だったかも知れません。そこからというもの、彼女と毎日LINEをし、デートを重ね、お付き合いする事になった訳です。

付き合い始めてから最初の2-3ヶ月は特に何もなく普通のカップルって感じでしたが4ヶ月目ぐらいから彼女がだんだん本性を表すように。もともと私は女友達が多かったので女友達とよくLINEしてた訳ですが彼女が怒るようになったので女友達となるべくLINEしないようにしました。しかしながら、私がLINEを送る事をやめても相手からLINEが来る事はありますよね?それを見た彼女が怒るというか大声で叫ぶようになり、その時私は気づきました。「あっメンヘラかも....」と。その時以来LINEの通知も表示されないように設定しました。今思えばその時別れてれば良かった。それでも、日に日に彼女が大声で叫ぶ回数は増えていきました。なぜなら、LINEの通知はオフにしてたものの、私が寝てる時に彼女がこっそりと私の携帯をいじってLINEを開いて確認していたのです。私はやましい事が無い事を示す為に携帯にロックをかけていなかったのですがそれが裏目に出た感じですね。そこから、私も携帯にロックをかけることになるのですが....ロックをかけると更にメンヘラが悪化し、ロックしてるのを確認しただけで叫んで暴れ回るようになりました。

その時にはさすがに私も疲れていて少しでもヒステリックにならないようにと、またロックを解除した訳ですが、それが間違いでした。あれは付き合って8ヶ月ぐらい経った頃でした。ある日、朝起きると彼女が私の携帯をいじっているのです。私が起きたのを確認してもいじってるのです。何をしてるのか見てみたら彼女が私のLINEに入ってる女の子全員に中国語と日本語と英語で

「◯ね!!!!」

と、送っているのです。

もうその時は怒るとかじゃなくて言葉を失いました。それがきっかけで友達結構失いました。彼女がやった事とはいえ、LINEは私の携帯から送られているので友達も私が送ったと思うのも無理はありません。

それから数日後、今思えば絶対逆効果だと分かるけどなぜか彼女に「なんで友達に◯ね!なんかメール送るんだ!!!」って怒りました。すると、当然ながら彼女も怒り始めます。で、また暴れ始めました。この時が一番酷かったでしょうかね。パソコンを投げられiPadを投げられ破壊され、とにかく部屋にあるもの全て投げられました。パソコンなんて投げられた後、除光液ぶっかけられて表面が溶けてめちゃくちゃに...。その流れで彼女が包丁を持ち私に向け.......そこで彼女は落ち着きましたが、私は命の危機を感じ腰が抜けしばらく動けず。私の親もメンヘラで暴れ回るタイプなのでヒステリックな人には慣れてましたが、彼女はそれ以上でした。その時の彼女はというとずっと私の家に入り浸り合鍵ももっている状態。別れを切り出したくとも合鍵を返してもらいたくとも、彼女をそれ以上怒らせるとマジで人生終わると思ったので何も出来ずにいました。鍵を取り上げて扉の鍵をつけかえようとも家知られてる時点でどうしようも無いですからね。引っ越ししようともかなり費用がかさみます。

なので、何も出来なかった私は結局日本に帰る日まで彼女と付き合いました。いくら彼女でも日本に帰る!と言えばなすすべ無いですよね。台湾から帰国する日も空港で大泣きされましたが、それは想定内。泣いてる彼女を振り切って出国ゲートに向かい日本に帰り。綺麗に別れる事が出来ました。そこからというもの今日まで連絡も取っていませんし、もちろん会ってもいません。彼女は今何をしているのでしょうか?あのヒステリックな行動一つ一つが彼女にとっては愛情表現なのでしょうが度が過ぎすぎてましたね。

以上、私が台湾のメンヘラ女の子とお付き合いしてた話でした。