シカシカイナイナラ

鹿しかいない奈良のコトを中心にイロイロ書いてます。

【興福寺中金堂落慶】再建された中金堂が2018年10月20日から参拝できます

興福寺中金堂落慶

過去7度も焼失し江戸時代に仮再建され2000年に解体された興福寺中金堂がこの度再建されました。

中金堂とは興福寺では興福寺の本堂にあたり714年に藤原不比等が中心となり建設されたもので藤原氏の氏寺として丈六の釈迦如来像、菩薩像4躰(十一面観音二躰、薬王・薬上菩薩)、四天王像、2組の弥勒浄土像が祀られていた建造物でした。

しかし、1046年に近隣の火災が延焼し、焼失してしまいました。それ以降、6回も再建されてきましたが、すべて焼失。江戸時代に仮再建されたものは、老朽化のため2000年に解体されたままになっていました。

その中金堂がこの度再建工事が終わり、

2018年10月7日から11日まで落慶法要が行われ、

2018年10月20日より一般参拝できるようになります。

朱色に輝く真新しい中金堂にぜひご参拝ください。

アクセス

【近鉄をご利用の方】

近鉄奈良駅東口を出て東に徒歩

【JRをご利用の方】

JR奈良駅東口2番バス乗り場より乗車、「県庁前」下車スグ