シカシカイナイナラ

鹿しかいない奈良のコトを中心にイロイロ書いてます。

【断言】親日の台湾人の99%は日本を好きな訳では無い

台湾をよく知らない人からすれば台湾人は親日家というイメージが大きいでしょうが本記事では親日の意味が違うということをお伝えしたい。

親日という言葉を聞くと「日本人が好き」「日本が好き」と思うのが普通かと思いますが台湾人の場合は正直別に日本人が好きなわけでも日本が好きな訳でも無いのです。

台湾人が好きなのは何か?

日本に留学中の台湾人に

「なぜ日本語を勉強しようと思ったのか?」

と聞いてみても、

台湾で日本語勉強してる台湾人に

「なぜ日本語を勉強しようと思ったのか?」

と聞いて見ても同じ答えです。

 

答えは、

アニメゲームアイドル

の3つのみです。

それ以外の答えは聞いたことありません。

 

では上記の答え一つ一つを解説していきます。

まず「アニメ」についてですが、

台湾ではケーブルテレビを導入するのが当たり前なのでどこの家でも常時100チャンネル以上あります。

その中でアニメ専門チャンネルというのが5チャンネルほど。

24時間アニメが流れっぱなしです。

流れてるアニメ全てが日本のアニメという訳ではありませんが、ほとんど日本のアニメです。

キー局でも毎日アニメを流しています。

子供の頃からずっとアニメを見て育った台湾人がアニメを好きになるのは当然かも知れませんね。

ですが、アニメ好き=日本好きってことでは無いですよね。

 

続いて「ゲーム」について。

日本人と同様にゲーム大好きな台湾人です。

台湾でも日本のゲームは大人気で、テレビゲーム、スマホゲーム、パソコンゲームどれも人気があります。

テレビゲームの場合、中国語に翻訳されていないものも多く台湾人はRPGさえ日本語でプレイしてる人が多いです。

日本語の意味も理解していないのにw

ある台湾人は「日本語の意味は分からなくても感覚でプレイしてる」と。

最近のスマホゲームは中国語に翻訳されているものも多いので日本語分からなくても不自由なく遊べるようになっています。

ですが、これもアニメと同様ゲーム好き=日本好きって訳では無いですよね。

 

続いて「アイドル」について。

男女共にアイドル好きな人が多いです。

男はAKB、女はジャニーズと台湾にはアイドルというジャンルがあるようで無いので日本のアイドルというのが新鮮なんでしょう。

ジャニーズの中でもHey!Say!JUMPが人気ですね。

でも、それも日本が好きっていうのとは違いますよね。

 

最後にもう一つ台湾人が男女共に大好きなものがあります。

それはいわゆる子供が見てはいけないアレですね。

ネットでもアレ専門のチャンネルも大人気 。

もう言うまでもないです。

ただ、それも他のものと同様別に日本が好きとは言えないんですよね。

アレそのものが好きなだけ。

 

以上の事をご覧いただいても分かる通り別に日本が好きな訳ではありません。

SNSのタイムライン見てても「日本人嫌い!」「意味分からない文化多過ぎ!」「変なルール多過ぎ!」とか台湾人が書き込んだ日本に対する本音がいっぱい流れてくるので、親日といえば親日なのでしょうがなんか意味合いが違いますよね。

残念ながらそれが現実です。

台湾に長い間住んでて台湾人の彼女何人もいてた私が言っているのですから間違いありません。