シカシカイナイナラ

鹿しかいない奈良のコトを中心にイロイロ書いてます。

理想は高く持つな!理想は低く持て!それが幸せへの近道である

自分を苦しめていませんか?

日本で生活しているとなぜか当たり前のように周りに意識高い系の人がいて欲望の塊みたいな人がいて誰もが「お金持ちになりたい」とか「モテたい」とか「スポーツ選手になりたい」とか、最近だと安定志向の人が多いので「公務員になりたい」とかそんな事を言う人多いですよね。親からも目標を高く持て!と教育されてきた人も多いのでは無いでしょうか?

目標を高く持つ事、意識を高く持つ事が悪いとは言いません。でも、疲れませんか?本当にお金持ちになりたいと思っているのであれば確かに自分を追い込んででも努力しないといけません。それはしょうがないことだと思います。ただ、「別に普通に適当に生きれれば良いなぁ」と今アナタが思っているのであればそんな目標を高く、理想を高く持つ必要は無いのです。

そこで今回私から提案したいのが「理想を低く持ってみてはどうか?」と。

理想を低く持つという意味

私は普段からまぁ持論と言いますか、周りから暗い感じの相談を受けた時に必ずと言って良いほど「理想を低く持て」とアドバイスしています。

どういう意味かというと、

「年収稼がないとダメだ」、「女いないとダメだ」、「もうこんな年なのに彼氏もいない」

と自分を勝手に追い込んでいるのであれば、

私は、

「寝るところがある」「食べるものがある」「働ける体がある」

これだけで良いじゃ無いか?

と。

そういうと納得してくれます。

私自身も以前は理想を高く持って自分を苦しめていたので理想を低くして自分を追いつめたりせず人生楽しんで生きています。

幸せとは?

人それぞれかもしれませんが、また後進国の人と比べるのは違うかも知れませんが、

まだまだ世界では衣食住がままならない国も多い中、日本は相当恵まれている国だと思いますし「食べるものがある」「寝るところがある」だけで十分幸せと言えるでしょう。

もっと美味しいもの食べたい、高い部屋に住みたい、稼ぎたいという気持ちも分かりますが、

心に余裕を持つというのも大事じゃ無いかと思っています。

理想を高く設定し自分を追い込めば追い込むほど心に余裕が持てず本来の自分の力も発揮できないのではないのでしょうか?

とりあえず理想を低く持って心に余裕を持って日々生活できれば自然と本来の自分を発揮できる余裕もでき、その内本来の自分を発揮できる場所が来ると思います。

そして、

結果的に今よりも良い暮らしが出来るようになるんじゃないかと。

いや、絶対なると私は思います。

まずは理想を低くすることから始めてみてください。